2つ、月を考えて – Caspar David Friedrich

2つ、月を考えて   Caspar David Friedrich

正当な理由で、この絵は寓意的と呼ぶことができます。2人の人々が岩の多い道の上に立っていて遠くを見ています。その近くに大きな岩とモミがあります。

月は構成の中心に置かれて、乾いた木で「死んでいる」からボールダーと緑のトウヒで絵の「生きている」半分を分けます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

2つ、月を考えて – Caspar David Friedrich