黄金時代 – ヨアヒム・アイテバル

黄金時代   ヨアヒム・アイテバル

Joachim Eyteval「黄金時代」による絵画。写真のサイズは121 x 89 cm、キャンバスに油彩です。黄金時代は、屈託のないことについての多くの国々にとって共通の概念であり、最初の人々のすべての善と無実の生活に満ちています。通常、この「至福」に関しては、より高い知的秩序の要素はなく、「至福」は動物福祉に還元され、それは伝説の深い古さを証明しています。ギリシャの文学では、黄金時代の伝説は4世代についてヘシオドの物語の中でその発展を見出しました:金、銀、銅と鉄。

最後の2つの間に、Hesiodはまだ人類の進行性の悪化を妨げる挿入された英雄の世代を持っています。ローマ文学では、英雄の挿入を除いて、同じプロット、そしてHesiodに非常に近いプロットは、Ovidによって処理されます。クロノスの下で、ゼウスの加入の前でさえ、それは至福の時でした。人々は神々のすぐ近くに住んでいました。彼らは悲しみも病気も知らなかった。ゆっくりと老朽化する老齢はありませんでした。夢としての光の死は、長い幸せな人生の後に起こりました。

土地それ自体は何の処置もなしにすべての必需品をもたらした。豊富な群れが最初の人々の満足を補完しました。地下のゼウスの意志の下で降りて、黄金の世代は悪魔の世代として人々によって崇められて、すべての祝福の提供者として崇められる、クロノスの力の下で、祝福された島にそこに住んでいる。「クロノスの下での生活」という表現は、大衆的な言葉でも文学的な言葉でも、ことわざとなっています。プラトンそして特にディケアはこれらの原始的な時代について語り、もちろん「至福」という古代の概念を引き上げています。

ちなみに、ディケアークは、すべての過剰を意識的に控えていることの至福の主な原因の1つ、精神的で邪魔にならない食べ物の純度を見ました。コメディアンは時々ユーモラスな色で黄金時代を描きました、特にこの至福の時代などにおける食物の豊富さを強調しています。



黄金時代 – ヨアヒム・アイテバル