麦わら帽子II – Vincent Van Gogh

麦わら帽子II   Vincent Van Gogh

アントワープでは、ヴァンゴッホは肖像画を描きたいという願望を持っていました。パリに引っ越して、彼は絶えず知人を描くことによって彼のスキルを向上させることを試みます。さらに、彼は自己肖像画を書くのに多くの時間を費やしました。芸術家はこのジャンルで30以上の作品を書いています。それらの多くはエチュードとスケッチの性格を持っていました。だから、あなたはこの自画像を特徴付けることができます。

肖像画の背景は塗装されていないままで、芸術家は散らばったストロークでその色の輪郭をわずかに描いただけでした。紙の調子を肌色のベースカラーとして使い、シャドウ部分を藤色で概説し、さらにハイライトをわずかに着色しました。しかし、目、唇、あごひげ、そして口ひげといった顔の特徴は、もっと慎重に書かれています。芸術家は主なものを強調し、細部を最小限に抑えました。

同時に、彼はまた、農民のアクセサリー – 麦わら帽子と白いブラウス – に注目しました。ゴッホが自分で麦わら帽子をかぶって描いたのはこれだけではありません。

ゴッホの肖像画を書くときほとんど黄色を使っていましたが、どうやら、彼は青い背景の対照として使うことを計画していました。ほんの数行だけがはっきりと区別されます、絵の主なスペースは透明で不完全です。これは作業を容易にし、水彩画との類似性を与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

麦わら帽子II – Vincent Van Gogh