魅惑の婚約者 – ハンス・バルドゥン

魅惑の婚約者   ハンス・バルドゥン

Hans Baldung GreenはDürerの最も独創的で才能のある学生で、彼の特別なスタイルによって際立っていました。ハンス・バルドゥンの作品は表現主義的、創造的、鮮やか、そしてカラフルでした。

彼の創造的遺産は広大で多様です。それは宗教的な作品のほかに、寓意、神話とジャンルの絵、肖像画、絵、ステンドグラスの窓とタペストリー、ならびに多数のグラフィック作品、特に本のイラストを含みます。Baldungの創造的遺産は、約90点の絵画と祭壇の作品、約350点の絵、180点の彫刻と数多くの本のイラストで構成されています。

エロティシズムは彼の彫刻に、特に創造性の最後の時期にしばしば見られます。その中で最も有名なのは、彼の作品の同世代の人や研究者によって、情熱の寓意として解釈された、ハンス・バルドゥンの彫刻「The Enchanted Bridegroom」です。



魅惑の婚約者 – ハンス・バルドゥン