駿河台の水橋橋 – 歌川広重

駿河台の水橋橋   歌川広重

この彫刻は神田川と水道橋を示しています。川の水源は関口の新泉ダムからの神田運河からの過剰な水でした。この荒泉からの飲料水は目白台と高湯合の丘を通り、その後神田川を渡って小西川へ、さらに木と石のパイプを通って江戸城、神田と日本橋地区へと流れました。これらのパイプは彫刻に描かれている場所のすぐ隣にありました。駿河台の丘の橋の向こうには、武家屋敷がありました。

駿河台の丘は神田の丘の一部でしたが、後に丘全体が駿河台となりました。彫刻は駿河台の男の子の休日を示しています。7歳以上の男の子がいた家族では、この休暇は必然的に祝われました。侍の家では、ヘルメットや人形が特別な丘の上に立てられ、小鯉が街頭にぶら下がっていました。駿河台の標高を超えると、塔の近くにある江戸城の本館が見えます。

風景全体に富士が昇ります。後の版画の色構造は、よりエレガントで明るいです。川の色は最初の変形とは異なり、中央には幅の広い青い帯状の流れがあります。色は四角いカルトゥーシュとは異なります。



駿河台の水橋橋 – 歌川広重