駒玉堂とあずまばし橋 – 歌川広重

駒玉堂とあずまばし橋   歌川広重

彫刻は、曲がった屋根と白い石膏で覆われた壁が彫刻の左下の平面を占める、Komakatado寺院からSumidagava川を見下ろしています。Komakatadoはそれが全焼した同じ世紀の終わりに、XVII世紀の半ばに建てられましたが、1692年に修復されました。寺は菩薩観音菩薩に捧げられています。

寺院の主な神 – ホンドゾンは馬の頭を持つBod-Kannon bodhisattvaのイメージでした。それは旅行者と馬の仲介者と考えられていました。これはおそらく寺院がKomakatadoと呼ばれた理由です。右側の彫刻に見られるように、寺院は木を売る多くの店にありました。寺院は店、店、レストランに囲まれていました。暗い空では、明るい場所が赤い旗でハイライトされています。寺院はコンツェ地域とAzumabasi橋を見下ろす。雲に覆われた空の中に、ホトトギスが浮かんでいます。

広重の同時代人の間で、彼女は彼女の最愛の人のために願っていて、コマバタ寺院とEsivar地区からの芸者によって書かれたカッコウについての有名な詩との関連を引き起こしました。オリジナルのバージョンでは、彫刻の空は濃い青で、雨の縞模様で雷が降ります。それ以降のバージョンでは、それは地平線で強調表示され、徐々にbocasiの暗い帯に変わっていきます。長方形のカルトゥーシュの色も変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

駒玉堂とあずまばし橋 – 歌川広重