馬、ライダー、道化師 – アンリ・マティス

馬、ライダー、道化師   アンリ・マティス

1947年に、マティスは「ジャズ」と呼ばれる「色とリズムの即興」のアルバムを組み立てるという申し出を受けました。

作業中、アーティストはガッシュ色の紙のシート、「鮮やかな色で彫刻を彫刻する」、そり、サーカスのピエロ、体操選手、カウボーイの子供の頃の思い出を「復活させる」ことで、人物の姿を切り取りました。はさみのペアは、彼が色、形とスペースの実際の問題を解決することを可能にする道具になりました。

「紙のシルエット、私たちはマティスを引用し、純粋な色で書く機会を与えてください。この単純さは正確さを保証します。これは情報源への回帰ではなく、これが検索の最後のポイントです。」「ジャズ」シリーズからマティスが作曲した3つの作曲「馬、ライダー、道化師」、以下「スレッジ」、「イカルス」をお見せします。



馬、ライダー、道化師 – アンリ・マティス