風刺の家族。彫刻 – アルブレヒトデューラー

風刺の家族。彫刻   アルブレヒトデューラー

1500年代に、Dürerの仕事に変化が起こりました。初期の作品の情熱とドラマは、バランスと調和によって置き換えられました。叙情的な経験を盛り込んだ落ち着いた物語の役割が増えました。

芸術家はプロポーションを研究し、裸体のイメージの問題に取り組みました。神話のテーマに関する彼の作品、特に銅のアダムとイブの彫刻において、デューラーは美の古典的な理想を具現化しようとしました。

丸みを帯びた、ほぼ彫刻的な形のボリュームは、形の構造を横切って表面を横切る丸いストロークによって強調されています。絵のように解釈された森林景観は、様々なシンボルを具現化した、人や動物の姿を有機的に含んでいました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

風刺の家族。彫刻 – アルブレヒトデューラー