須村村の元ハチマン保護区 – 歌川広重

須村村の元ハチマン保護区   歌川広重

17世紀半ばまで、福川の東にあるすさき地区は湾の水面下にありました。1659年、大阪出身の砂村新蔵門が湾の一部を排水し、堤防で強化された田んぼがあり、その上に松やチェリーが成長しました。新しい領域は、主催者の名前で、スナムラとして知られるようになりました。

砂村新伝の里の近くには元八幡の神社があり、水本エリマと太田堂が訪れたことが知られています。広重は聖域そのものを描写するのではなく、南から聖域へのアプローチを示す、石の鳥居だけが見えます。遠くでは、江戸川の河口で江戸湾に流れ込み、帆が白く変わり、房総半島の山々が続きます。

このシリーズでは、Hirgegeはそれがオブジェクト自体を描写しないというテクニックをしばしば使用します。この場合、鑑賞者は元八幡サンクチュアリの領土から繰り広げられます。江戸時代の終わりまでには、その領土は市民の散歩道になっていました。この版画の後期版における道路の暗い背景に対して、鳥居ははっきりと目立つ。赤ピンクの夕焼け空が濃い青の帯に変わる地平線の帯の縮尺が大きくなります。



須村村の元ハチマン保護区 – 歌川広重