青坂坂外戸戸門 – 歌川広重

青坂坂外戸戸門   歌川広重

赤坂五門門から虎ノ門門までの山の谷の北西麓には、ひょうたん形の狭い溜池がありました。池からの過剰な水は、そとぼりに流れました – 虎ノ門の門の近くにあった江戸城の外堀。溜池から外側に向かって、虎ノ門はアオイザカの斜面を広げ、そこでアオイザカと命名されました。Daimyはこの地域に住んでいたので、あなたは彼らの大邸宅を見ることができます。

外濠の右岸には、最古の神社・山王神社の建物が見えます。その隣には、大名護国佐渡の神邸があり、その領土には、コンピールの聖域が立っていました。ふきんとヘッドスカーフだけを身に着けている前景の2人の若い男性は、おそらく職人です。「Campina Daygon-Gen」と書かれた提灯を手に持っています。彼らは10年間の見習い訓練の間に必要だったKompirの聖域で冬の間冷たい水で儀式的な住居の後に戻ります。

ほとんどの最新版の印刷物と同様に、このシートの色は濃くそして彩度が濃くなります。最初のバージョンではチャンネルを横切って走っていたダークブルーのボカシストリップは、小さな滝の中心に配置されました。



青坂坂外戸戸門 – 歌川広重