青い船の中の女の子 – クロード・モネ

青い船の中の女の子   クロード・モネ

「色は私を悩ませます。彼らは夢の中で私を悩ませさえします…」オスカー・クロード・モネ雲の反射、川の水の波紋、そしてボートの原木は、クロード・モネによって「青いボートの中の女の子」という作品にまとめられます。群青色と紺碧の色は、正午の色で芸術家の作品を描いた。作品は淡い色の服のおかげで新鮮で晴れています。そこでは、作家は彼女の女性のほぼ全員をボートに入れ、綿織物にまぶしさをかぶせ、文字をはっきりと映し出し、水には凍ったピンクの雲が描かれています。

Claude Monetの “女の子”は本物の、本物のフリルです。彼らはかわいくて新鮮で、若くて、明らかに彼らのアイドルスケートで幸せです。純粋な色はモネの印象派の認識を単純化します。方向性が現代の作家にそれほど人気が​​ないという事実にもかかわらず、キャンバスはエクスタシーと視聴者自身によって何が起こっているのかの明確な理解で知覚されます。日常生活のガールフレンドの作品は、寒さの飽和した色で芸術家によって殴られました。青いボートの木には暖かいチョコレートの色合いがいくつかあり、水の冷たさを活気づけます。同時にモネの色のingりは色合いでいっぱいです。

たとえば、川のさざ波はライラック、茶色、オリーブの花によって引き裂かれています。しかしさらに検討すると、ストロークは紺碧の地平線への移行とともに、ボートの底で濃い青色の水の単一のキャンバスに折り畳まれます。はっきりしないが、筆の色は印象派の主な方法を表しています。この方向のニュアンスは、国内のシーンの過渡期において、さまざまな色合いの油彩やストロークのスケールに合わせて、率直かつ誠実にモネに伝えられます。この作品における芸術家の多様な技術は控えめに移されています。モネは、混乱することなく水平方向に配置された別々のストロークにアクセントを置きます。ブラシの範囲はありませんが、パレットナイフの細かい動きがあります。

キャンバスは何百万もの線と滑らかな布地でいっぱいです。この作品に関する著者のジュエリー作品は非常に貴重で、勤勉さと忍耐力は明らかです。そして作品自体は寺院の痛みを描くための単純なものです。



青い船の中の女の子 – クロード・モネ