霧の前哨地 – 歌川広重

霧の前哨地   歌川広重

丘の上の霞ヶ関 – Zastava霧、朝の空を背景に美白の帆を持つエドヴァン湾の美しい景色。前哨基地は、江戸が国の東部に住んでいた野生の部族であるエイゾの侵略から守られるように、大和竹野野美琴の命令によって建てられました。江戸時代には、霞が関地区は右側の彫刻に見える舞台平鉱の神と左手の舞台平秋の神との間の斜面と呼ばれていました。広重は年末年始の雰囲気を伝え、人口の多い通りにはカドマイの松が飾られています。

右側にはファンのためのボックスディーラーがあります。そのような箱は来年までにそれらを売るために商人によって買われました。幸福は幸福をもたらすことになっていました。手前には、象形文字の「魚」が書かれている凧が見えます。中心部では – 大抵 “Sisimai”を実行する大道芸人やミュージシャン、ライオンの踊り、悪霊を追い出す。左側に – 売り手の寿司、離れて – 坂を登る侍のグループ。

右側に – 羽根を演奏するためのハゴタラケットのある母と娘。後期バージョンは、地平線上の夕日の赤から淡いピンク色への明るい移行(それはその後ボカシの濃い青帯に変わる)だけでなく、木の葉のより飽和した色によっても初期のものとかなり異なります。



霧の前哨地 – 歌川広重