霧の中の島ラクロア。ルアン 霧効果 – カミーユピサロ

霧の中の島ラクロア。ルアン 霧効果   カミーユピサロ

より有名な作品「私の窓からの眺め」と一緒の絵「霧の効果」は、Pizarroの好奇心旺盛な文体体験です。今度は芸術家は硫黄およびSignacの技術に興味を起こした。これらの新印象派は絵画を創造する新しい方法を開発した – 分割主義、点描の先駆者。この技術は、1つまたは他の色の組み合わせにおける加算およびコントラストの法則に基づくカラーパレットを使用して小さいドットストロークで画像を転写することを含む。

ちなみに、ピサロのキャンバスは、新しく作られた部門主義者のキャンバスのように、新しい方法で書かれており、一般の人々には受け入れられず、最も進歩的に見える批評家によってさえ激しい攻撃を受けました。今日の美術評論家は、作品「The Fog Effect」を、このようにして書かれた一連の絵画と最も興味深いものとして区別しています。絵は主にその繊細な小さな点のために均一な表面の質感によって区別されます。そして、それはサイズでほとんど数学的に確かめられます。さらに、各ポイントは他のポイントに非常に近く、異なるトーンで作成されています。これは独自の光学的効果を生み出します – ポイントは結合し、視聴者の前の単一の面に変わります。

変わった色は絵の色違いです。ここを注意深く見ると、白、ピンク、ベージュ、グレーブルー、ライトグリーンの色調があります。最も薄い色のニュアンスは、特に陽光が霧の霧を突き破る断片において、絵を輝かしく輝かせます。

喫煙パイプがある工場と駐車している小さな船との間のスペースは驚くべき方法で作られています – それは空と水が完全に合流する単一のエーテルです。

Pissarroの作品を見ると、その作品の魔法の歌詞を指摘しないことは不可能であり、この点でアーティストは自分自身に忠実であり続けた。つまり、新しい技術や方法を見なくても、主人は周囲の自然を詩化するという彼の魔法の賜物を失うことはありませんでした。そして特別な。



霧の中の島ラクロア。ルアン 霧効果 – カミーユピサロ