雪に覆われた橋びくにばし – 歌川広重

雪に覆われた橋びくにばし   歌川広重

ビクニバシ橋は、エドーズ城の東側の外堀から流れてきたKebasigawa川に架かる最初の橋です。最初は「ビクニ」という言葉は女性の修道女を意味していましたが、江戸時代には服を着ていたことが原因で安楽の女性が呼ばれるようになりました。橋の近くには低品位の売春宿、ビクニ毒がありました。広重は街の日常を描いています。

背景には火の塔があります。橋の上では、美酒とおでんのフラットケーキを売っています。左側の手前には、Yama-kudziraと書かれているOvariyaレストランの看板があります。ヤマクジラは「シロナガスクジラ」を意味するが、肉料理は主にイノシシからここで売られた。

道路の反対側、テントのランタンには、「Maruyuki Dzusambi」と書かれたサツマイモのパンが揚げられています。サツマイモは、特に冬に、町民のお気に入りの料理の1つでした。右側の石壁の後ろには、4分の1のDaimkadzi邸宅がありました。後のバージョンでは、彫刻の上端を通るボカシの帯がより強くなり、サイズが大きくなります。より明るいスポットは、通行人の層によって白い雪の上に散らばっています。



雪に覆われた橋びくにばし – 歌川広重