雪が降った後も晴天の日本橋 – 歌川広重

雪が降った後も晴天の日本橋   歌川広重

広重は雪に覆われた日本橋をイメージしたシリーズ「江戸百景」を始めました。彫刻は日本橋と江戸橋の橋の間の北部、いわゆる「魚の海岸」を示しています。日本橋は江戸の中心部にあり、日本各地との距離の基準点となっています。橋の下の川、かつては原と呼ばれていたNihonbasigavaが、江戸湾に流れ込んだ。

江戸は川に沿って船が商品を配達する大きなショッピングセンターでした。日本橋の海岸は港、市場、卸売倉庫の街となっています。日本橋の上には、一国と八海の橋がありました。このシリーズの最初のページには、富士山、日本橋、江戸城の日本のシンボルがすべて掲載されています。晴れた冬の朝、雲は昇る太陽の光で色づけされています。

前景には細部にわたって「フィッシュコースト」があります。新鮮な魚がレイアウトされ、鷹匠がそれを買い戻し、そして小児が急いでいます。左側には、倉庫の白い壁が見えます – それは首都のシンボル、市民の富の象徴です。使用人と一緒に日本橋大馬橋で京都に送られます。オリジナルのバージョンでは、日の出の赤い輝きは明るい黄色の色調で決定され、川の中心を通るボカシストリップはより傾斜したバージョンのようにその土手に混ざって青みがかった黒ではありませんでした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

雪が降った後も晴天の日本橋 – 歌川広重