隅田川のハシバノバタシフェリーで焼く窯 – 歌川広重

隅田川のハシバノバタシフェリーで焼く窯   歌川広重

以前は、澄住大橋が隅田川の向こう側に渡るように建設される前に、はしばの渡りフェリーを使って向こうの島にたどり着くことができました。江戸で一番古い交差点でした。彫刻は、向島と浅草に乗客を運ぶ2隻の船を描いています。

向こうの桜の木は、8番目の将軍のYesimuneの注文で植えられました。手前には、見る人にはタイルや陶器を焼くための窯が見えます。それらの間には、ストーブを暖めるのに使われてきた乾いた松の足があります。ヒロシゲが描いた画像は、今度の窯元だけでなく、古典的な文学との関連性を呼び起こしました。特にそれに関連するのは、隅田川宮古通りで泳ぐ鳥 – 「首都の鳥」です。

これらの鳥の言及はすでに10世紀の作品、伊勢物語で発見されています。彫刻の後期版は色が濃くなりました。川の意志は濃い青色を帯びています。煙の円柱は、濃い灰色から明るい、ほぼ白色に伸びた。空に黄色と青の横縞の雲が現れました。正方形のcartoucheは色とりどりになりました。



隅田川のハシバノバタシフェリーで焼く窯 – 歌川広重