長男フランツ – ピータールーベンスとエレナFourmentの肖像

長男フランツ   ピータールーベンスとエレナFourmentの肖像

ルーベンスは、おそらく世界の芸術の中で最初に、神の母と赤ん坊のキリストの像だけでなく、母の永遠のテーマを示しただけでなく、何度も彼の妻ヘレンフォーメントの肖像画を特別な賞賛と愛を持つ子供たちと書いた。

ルーベンスのこれらの家族の肖像画は、例えば、ミュンヘンのルーヴル美術館とオールドピナコテークのコレクションを飾っています。

幼い妻が息子のフランツと一緒に家を出て、2頭の馬で階段を降りる。

スペインのファッションによれば、道路上のエレナ、黒い服は、当時の女性に採用されていました。これはおそらくヘレンフォーメントの最後の肖像画の一つです。彼は優しさと壮大さの組み合わせで魅力的です。



長男フランツ – ピータールーベンスとエレナFourmentの肖像