鏡の中の自画像 – Francesco Parmigianino

鏡の中の自画像   Francesco Parmigianino

“凸面鏡の中の自画像”、絵は20歳で芸術家パルミジャニーノによって描かれました。縦長のサイズ、直径24.5 cm、木、油。1524年に、彼の保護者の主張で、パルミジャニーノはローマでバチカンの煙に到着し、そこで彼は新しく選出された教皇クレメントVIIに紹介された。

彼の熟練さを表現するために、芸術家はカトリック教会の長にいくつかの絵画を発表しました。その中に彼は幾分複雑な遠近法の課題を見事に解決しました。この肖像画の中で、若いアーティストは、平面上で変わった空間効果を実行するスキル、自分の写真の独自性と複雑さを実証しました。

パルミジャニーノは、1503年1月11日にパルマで生まれ、フランチェスコマッツォーラの本名と姓です。将来の芸術家の両親について、彼らが早く死んだことを除いて、事実上何も知られていません。孤児になった少年は父親の親戚、彼らの芸術ではあまり知られていないがよく知られている画家に連れて行かれた。どうやら、若いParmigianinoの最初のコースは彼らのリーダーシップの下で通過しました。彼の “精神的なメンター” – コレッジョ – パルミジャニーノは、彼がサンパオロの修道院のフレスコ画のパルマで働いていた1519年にだけ会う機会を得ました。

1522年に、19歳のフランチェスコ・マッツォーラは彼の芸術の中ですでに彼がサンジョバンニエヴァンジェリスタのパルマ教会のためにいくつかのフレスコ画のための命令を託されたようにそのような高さに達しました。あなたが芸術家ジョルジョヴァザーリの歴史家を信じるならば、その時Parmigianinoは彼の保護者の一人と一緒にローマに到着しました、そして彼と一緒に教皇に来ました。

青年によってもたらされた絵を見た教皇クレメント7世は彼に多くの好意を示しました、そしてその翌日、「小さなパルメザン」についての噂が街中に広まりました。彼の作品を見た人は、ラファエロの精神は「芸術家の中に落ち着いた」と言っています、なぜならそれはローマ人でさえもそのような若い芸術家のような高い技能にとって驚くべきことのようだった。



鏡の中の自画像 – Francesco Parmigianino