金竜山修道院とあずまばし橋の眺め – 歌川広重

金竜山修道院とあずまばし橋の眺め   歌川広重

金竜山の修道院 – ゴールデンドラゴンの山 – は、別の読書で浅草寺として知られています。赤で描かれた五重塔と本堂の巨大な建物は、右側の彫刻の背景に広重を描いています。手前には屋根付きの歩く延べ船の一部があります。通常、芸者はそのような計画の船で客を楽しませました:彼らは彼らにワインと軽食を持ってきて、三味線を弾いて、歌を歌いました、彼らのうちの1人の姿はシートの左端で途切れました。おそらく、ボートはEsivaraに通じるSanyabori運河に向かっています。

その出発点は、将軍吉宗が植えた桜の木で有名な向こう島の一部であるすみだがわの海岸でした。桜の花が咲くのを鑑賞するのが市民のお気に入りの場所の一つでした。スミダガバのほとりに生えている木から飛んでくる桜の花びら ボートの上げられたカーテンを通して、あずま橋が見え、その上に富士山の塔があります。この彫刻では、後のバージョンが色彩的に改訂されています。変更はボートの色に影響を与えました。黄色から薄茶色になりました。牛の色を大幅に改良。それは前景とボートの両脇に濃い縞がある濃い青です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

金竜山修道院とあずまばし橋の眺め – 歌川広重