金星の誕生 – サンドロ・ボッティチェリ

金星の誕生   サンドロ・ボッティチェリ

宗教的なモチーフと古典的な古さを組み合わせたユニークなキャンバスは、有名なボッティチェリの一連の神話の絵画に属しています。ローマに到着後、教皇シクストス4世のために3つの作品が作られました。”金星の誕生”の前に、マスターは “パラダとケンタウロス”、 “金星と火星”と “春”を作成しました。

この作品は、海を起源とする女神ヴィーナスの裸体像を示しており、ルネサンスの人文主義的芸術の文脈において古典的神話や古代の伝説に特に興味を持っていたメディチ家の壮大なロレンツォの注文によって作られました。

フィレンツェの詩人、ヒューマニストであり科学者でもあるアンジェロ・ポリツィアーノは、彼の叙事詩「Stanze per la giostra」の中で、貝の中に金星が上陸する過程を説明した。このプロットはBotticelliに書くことを促しました。左側で、主人公は彼の妻クロリスを抱いて、ゼファーによって運転されます。右側では、慈善団体の1人が花で飾られたマント、足の金星で包む準備ができています。

ボディの珍しい割合にもかかわらず、Botticelliは滑らかで繊細な肌と金色のカールを持つ信じられないほど美しい女性として金星を描写します。彼女はこの世に美の女神として現れ、観客は創造の行為の証人となります。風がバラを一周します。

この作品にはたくさんの解釈があります。夢のような新プラトン理論は非常に人気があります。伝えられるところによれば、哲学者プラトンに属するとされている資料によると、金星は人を肉体的愛に刺激した天の女神と精神的な愛を刺激した天の女神でした。おそらく、15世紀の観客は「金星の誕生」を見て、霊的で神聖な愛を感じたのでしょう。

何人かの批評家はその絵を強力なロレンツォ・メディチへのお世辞のメッセージとして解釈します。金星のイメージは、ロレンツォの愛人であるSimonetta Vespucciと彼の兄から借用されたものと思われます。この解釈がおかしいのは、Simonettaがイタリアのポルトヴェーネレ市で生まれたという事実です。

批評家はまたヌード金星がエデンの園のイブに似ていることを示唆しています。したがって、女神自身がクリスチャン教会を象徴しています。この解釈においても、偶然がなかったわけではありません。カトリック教徒の「ステラマリス」は聖母マリアを象徴しています。おそらく海はメアリーとして金星を産み、イエスを産みます。



金星の誕生 – サンドロ・ボッティチェリ