金星の誕生 – アドルフ・ブゲロ

金星の誕生   アドルフ・ブゲロ

金星の誕生はローマ神話の誕生と作家アドルフ・ブゲロの才能によるものです。フランス人、芸術家、学者のBugueroは聖書のおとぎ話の名人であり、彼自身のキャラクターのビジョンと19世紀後半の他の画家たちとは異なるスタイルを持っていました。現代の解釈にもかかわらず、彼の金星は女性らしさと美しさの古代ギリシャの基準のすべての規範を満たしています。愛、欲望、美しさの女神を彼女自身の柔らかく白い方法で体現して、Bougeroは彼女に少しエロチシズムとセクシュアリティを授けました。

そのような喜びと混ざって肉欲的な欲望の転送と生まれたばかりの金星を所有することの不可能のような望ましい結果を達成するために、著者は水曜日に女の子を勇気あるキャラクターと好奇心が強い恋人たちでいっぱいに置いた。裸の男の子の形をした天使の群れによる女神の誕生に伴い、アドルフ・ブゲロは人々が熱狂的な愛を震えていると感じるという感覚を作品に点在させました。作品の構成、主人公の配置、そして風景はソフトパレットと調和して生きています。一般に、全体像は容量いっぱいになっていますが、不必要な詳細でいっぱいになることはありません。

キャンバスのレイアウトは非常にうまくいっているので、「詰め込まれた」センターでさえ重く見えません、それどころか、それは完全に壊れやすい金星の創造の風通しの良いそして軽い歴史を通して、静かに強力な男性の体を海水に沈めて落ち着きます。同時に、Bougeroは奇跡を宣言するささいなことに注意を払いました。このように、無言のストロークはミュージシャンの唇の殻の想像を絶するメロディーで「悲鳴を上げる」、キューピッド天使の羽のさびた音、そしておそらく彼らの歌とささやきが聞こえます。

サロンアカデミズムのスタイルで作業することはラファエルの精神の中で本物のアンティーク絵画のための優れた標準となることができますが、暖かいパレットは絵画の後期に属します。14世紀から15世紀の伝統への愛は、1つの条件 – 古代の芸術家によっては成功しなかったもの – が存在するという、1つの条件で「金星の誕生」をルネサンスの巨匠のオリジナルに近づけました。

「誕生」の演技の仕方は認識可能で本当に自然です。水は人工的ではないようです、体は生きています、風は塩辛い水面の上に軽い群れのキューピッドを運びます。これらの色と背景のもやは絵に存在と自然の効果を与えます。金星の誕生は、名人Bouguero Adolfのおかげで過去数世紀の歴史的事実として捉えることができます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

金星の誕生 – アドルフ・ブゲロ