金星と三美神は女の子に贈り物をする – Sandro Botticelli

金星と三美神は女の子に贈り物をする   Sandro Botticelli

このフレスコ画とその複製品は、1873年にフィレンツェ近郊のVilla Lemmiから来たもので、Mediciの友人であるTornabuoni家に属していました。それは2つの大きな絵「春」と「金星の誕生」の間に書かれたとされており、生き残ったものの1つです。

ロレンツォ・トルブオーニとジョヴァンナ・アルビジの結婚式のために注文された壁画は壁から離れたときに破損していましたが、私たちはジョヴァンナ・アルビジと金星からの贈り物を受け取っています。金星はバラ – 美しさと愛の象徴、そして白い布 – 花嫁の純粋さの象徴を置きます。女の子によって象徴されるこの世の世界は、その単純さと明快さにおいて、神話のヒロインの空中像と対比されます。



金星と三美神は女の子に贈り物をする – Sandro Botticelli