金星とキューピッド – Giovanni Antonio Pellegrini

金星とキューピッド   Giovanni Antonio Pellegrini

S。Ricci、J。Amigoni、その他の “virtuosos”のように、J。A. Pellegriniはしばしば神話の主題について絵を描いた。彼のキャンバス “Venus”では、愛と女王の女神が、開いたカーテンの天蓋の後ろの風景を背景に描かれています。金星の体の黄金色と暖色系の赤褐色 – キューピッド、緑色のベルベットの天蓋の輝くスポット、そして風景が、くっきりとした不鮮明な色域に融合しています。

まるで劇場で見られるように、アムールと全体の場面を指している女神のしぐさは、とても風光明媚に見えます。作家の絵の技術は、構図の奥深くに光の霧に包まれた風景の断片を書くことで明らかになりました。



金星とキューピッド – Giovanni Antonio Pellegrini