金星とキューピッド、その後ろにサテュロスが覗いている – コレッジョ(Antonio Allegri)

金星とキューピッド、その後ろにサテュロスが覗いている   コレッジョ(Antonio Allegri)

この作品は、「神々の愛」というシリーズを予想したフェデリゴ・ゴンザガの作品で、「スクール・オブ・キューピッド」の絵画のペアです。以前は、ここでは金星ではなく、アンチオペを描いていると考えられていました。研究者たちは風刺の数字に混乱していました。どのようにして木星が、幼虫のAntiopeに近づくために、風刺に変わったかを伝える神話があります。したがって、この絵は「神々の愛」というサイクルにも属していると考えられていました。

しかし今や美術史家は、この絵は周期とは直接関係がなく、特定の神話を示していないと主張しているが、金星とキューピッドはここに描かれている。キャンバスは、したがって、率直にエロティックなほど神話的ではありません。

貴族の環境の16世紀に、そのような絵は非常に人気になりました。「暗い」中世の後、人生への渇望とその快楽は新しい力で燃え上がった、そしてそれをエレガントできちんとした形にすることは喜びであった。古代の神話は裸体を描写するための多くのもっともらしい口実を画家に提示しました。この絵に関しては、ここで金星の体の曲がりの官能的な魅力は下線が引かれて、そしてよく選ばれた背景です – それに対して女神の皮が明るいように見える暗い森の風景。



金星とキューピッド、その後ろにサテュロスが覗いている – コレッジョ(Antonio Allegri)