金星とアドニス – パオロ・ヴェロネーゼ

金星とアドニス   パオロ・ヴェロネーゼ

愛と美の女神金星はアドニス – キプロスの王の息子と恋に落ちました。誰も彼の美しさと比較することができませんでした。アドニスのために、金星は空そのものを忘れていました。彼女は美しく服を着るのをやめ、以前のように自分自身を留置しなかった。彼女はずっと若いアドニスと一緒に過ごした。彼女はキツネの山と森で野ウサギ、恐ろしい鹿とシャモアを探して彼と一緒に狩りをしました、しかし彼女は強力なイノシシ、クマまたはオオカミを避けました。そして彼女はアドニスにこれらの捕食者から遠ざかるように頼んだ。

王室の息子の女神が去ることはめったになく、彼を去るとき、彼女は彼女の要求を思い出すために毎回祈りました。しかし、金星がいないキプロスでの狩りの間に、アドニスは彼女の要求について忘れました。彼の犬は茂みからひどいイノシシの片付けに蹴り出し、そしてアドニスは彼に彼の狩猟用ダーツを投げました。しかし、獣は負傷しただけでした。

激怒した負傷したイノシシは若い狩人に急いで行きました。不幸には逃げる時間がありませんでした。彼の牙を持つイノシシは若い男に深い傷を引き起こしました、彼は地面に落ちました。金星は瀕死のうめき声を聞き、愛する若者の身体を探すためにキプロスの山々へ行きました。

とげのある鋭い石ととげが女神の優しい足を傷つけ、彼女の血の滴が地面に落ちた、そしてこの血からそれから緑豊かなバラが金星の血のように赤く成長した。彼女はついにアドニスの死体を見つけた。女神は早く死んだ美しい若い男の上に激しく泣いた。

彼の最愛の思い出に、金星は彼の血を神の蜜と混ぜ合わせて、それを血のような赤い花に変えました。そして彼をアドニスと呼んだ – 彼の開花時間は美しいアドニスの寿命と同じくらい短い。



金星とアドニス – パオロ・ヴェロネーゼ