金持ちとラザール – ヴァシリー・スリコフ

金持ちとラザール   ヴァシリー・スリコフ

何人かの人々は、金持ちで、紫色と上質のリネンを身に着けていて、毎日見事に食事をしました。ラザロという名前の物乞いもいました。彼はかさぶたの中の門に横たわっていて、金持ちのテーブルから落ちてくるパン粉を食べたいと思っていました。

物乞いは死に、天使たちによってアブラハムの胸に運ばれました。金持ちは死に、彼らは彼を埋めた。そして地獄で、苦しみながら、彼は見上げ、遠くにアブラハムを見、ラザロを彼の胸に抱いて泣いていた、と言った:私を憐れみ、ラザロを送って、彼が指の先を水に浸して私の舌を冷やすことができるように。

アブラハムは言った:子供!あなたはあなたの人生であなたの良いこと、ラザロの悪を受けたことを思い出してください。しかし今、彼はここで慰められています、そしてあなたは苦しみます。そして何よりも、私たちとあなたとの間には大いなる湾が確証されています。

それで彼は言った:それで私は5人の兄弟がいるので、父よ、あなたを父の家に送るように頼みます。彼らがこの苦痛の場所に来てはならないと彼らに証言させてください。アブラハムは彼に言った:彼らはモーセと預言者を持っています。彼らに聞かせてください。しかし、彼は言った、「いや、父アブラハム、しかし死者が彼らにやって来たら、彼らは悔い改めます」。それからアブラハムは彼に言いました:もしモーセと預言者が聞いていないのなら、もし誰かが死からよみがえっていたら、彼らは信じないでしょう。ルカの福音書


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

金持ちとラザール – ヴァシリー・スリコフ