酒井フェリー – 歌川広重

酒井フェリー   歌川広重

桜海道は江戸の日本橋から始まったsimous-no kuniさくらの道へと続く道です。さらにそれはTategava川沿いのKhondzeの地形を通過した。それから、中川を渡る必要がありました、それは坂西の渡航船を使ってすることができました。その後、新しい道が現れ、それは桜海道としても知られるようになりました。そのため、昔はモト桜海道と呼ばれていました。

田川と中川が合流したのが坂井フェリー。江戸湾の満潮時には、中川の水の方向が変わり、交差の名前が変わりました。彫刻では、中川が静かな水田の間をゆっくりと流れています。向かい側の岸には、坂西の村の家があります。葦の中の白い鳥は、アオサギのカラシラージです。堺の谷フェリーの視界でした。遠くには房総半島の山々が見えます。

中川の中心部を流れる濃い青の縞模様は、後の印象でやや広く明るくなります。村の群衆の屋根は、暗い緑を背景にして際立っています。カルトゥーシュの色がより濃くなります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

酒井フェリー – 歌川広重