軍用の民兵の形をしたA. R. Tomilovの肖像 – Orest Kiprensky

軍用の民兵の形をしたA. R. Tomilovの肖像   Orest Kiprensky

1812年の嵐はロシア人の愛国心を掻き立てました。Kiprenskyは、他のすべての人と同様に、戦時中に軍事作戦の悪循環の中心を取り上げて、精神的な高騰を経験しました。彼のスケッチブックの1814年3月31日は意気揚々と感嘆します:「パリは撮影されます!」

この間、芸術家は筆に触れず、鉛筆が彼の主な芸術的道具となりました。軍の制服を着た彼の知人、友人、そして友人は一つずつ戦争に行きました。その中にはK. Batiushkov、V. Zhukovsky、最も近い同志A. Tomilov、その他多くの人がいました。

Kiprenskyは祖国の擁護者の素晴らしい手描きの肖像画を作成しました – 昨日気楽な楽しみに夢中になっていた若者たちは考えずに彼らの母国の自由のために彼らの人生を与える準備ができている成熟した人々と瞬く間に見ています。真面目な表情、きちんとした姿勢、厳密な形 – それはすべて厳粛なイメージを作成するために働きます。そのような絵の例として、我々は「軍用民兵の形でのA. R. Tomilovの肖像」と1813年の「M. P. Lanskyの肖像」を引用している。



軍用の民兵の形をしたA. R. Tomilovの肖像 – Orest Kiprensky