越後通運河の曳航船 – 歌川広重

越後通運河の曳航船   歌川広重

越後運河は17世紀初頭に建てられ、コンツェや深川に飲料水を供給しました。源は元荒川のKavarasone Tameiにあった。運河は越来村を通って向島へと運ばれました。一世紀後、運河からの水は飲料水として使用されませんでした。潮の後、海水が運河に入ったからです。運河は田んぼを灌漑するために使われ、また背景の彫刻で見ることができるEtsugiの村からKameari村まで3キロの間、はしけやボートを使って商品を輸送するために使われた。

Etsugiの村の近くでは、この場所の運河は浅く、湿って狭く、幅がわずか3メートルしかないため、オールを使ったボートの通過は特に困難でした。海岸から地元の農民が浅瀬を通してそれを引くことができるように、ロープはボートの船首に結び付けられました。これは農民のための追加収入でした。時が経つにつれて、2人か3人の乗客のための小さな遊覧船がここに現れ始めました。そして、それははしけ運搬人によって引っ張られました。人間の牽引力を使ったのは江戸で唯一のチャンネルでした。2番目のバリエーションでは、川の真ん中にある青い線がその深さを強調しています。水平方向の雲のコンディショナルストライプが広くなり明るくなり、空はピンクがかったピンク色になります。四角いカルトゥーシュが青くなりました。



越後通運河の曳航船 – 歌川広重