赤 – 18世紀初頭のフランス人マスターの男の肖像

赤   18世紀初頭のフランス人マスターの男の肖像

赤の男の肖像公式裁判所の絵では、最初の場所は正面の肖像画に属していました。予想外にも一時的にも和解し、洗練された裁判所のライフスタイルであるフランス君主制の華麗な顔を反映した2世紀の探索がこのジャンルにありました。

気持ちと鋭い心の高貴な抑制の理想は、華麗な廷臣と洗練された哲学者の肖像に内在しています。重い粉のかつら、ベルベットの鈍い反射、落ちる劇的なひだは、モデルのための緑豊かな装飾的なフレームのように思われます。これらの肖像画における古典主義の芸術的原理は、バロック芸術の法廷奉仕者と不可分の関係にあります。

18世紀初頭のフランス人マスターによる「赤の男の肖像」は、緋色と白黒の色の相関関係の気質と洗練、自由なブラシストロークの芸術性によって際立っています。

画像の哀れな厳粛さ、貴族的な態度の態度は、ルイ14世の法廷からの学者、詩人、あるいは哲学者であり得る真の尊厳、人物の性格の尺度をあいまいにすることはありません。



赤 – 18世紀初頭のフランス人マスターの男の肖像