赤坂「パブロフ農園」 – 歌川広重

赤坂「パブロフ農園」   歌川広重

ひょうたんカボチャのように見える長い池のほとりにある、Sunnodighti daisの麓には、Hiyoshi Sanno Gongensiaの寺院があります。以前は天然の池でしたが、江戸時代には江戸城の外濠の役割を果たし、1606年には拡大してダムが建てられました。その後、池はTameikeと命名されました。

18世紀の初めに、パブロニア – キリ – はTameike池の西岸に植えられました。そして、それは全体の産地 – Kiribatake – Pavlonプランテーションの名前を与えました。多摩川運河が完成するまで、この池は江戸南部に飲料水を供給していました。前景には、広重は2本のパブロフ木を描いています。その裏手には、左手にあるサノディティ・デイの池が見えます。その麓には侍の家があります。2番目の将軍徳川秀忠は、琵琶湖からのandと江戸川からの鯉を池に打ち込むように命じました。

18世紀に、蓮の種が池に植えられました。見る人は反対側の土手にそれを見ることができます。この池はSinobadzunoaike池としても知られていました。彫刻の2番目のバージョンに示されている時刻は夜遅くです。これは、青い空の色、前景の木々の王冠の濃い影、そして全体的な夕暮れの調子によって証明されます。



赤坂「パブロフ農園」 – 歌川広重