赤い腕章 – アンソニーヴァンダイクと騎士の肖像画

赤い腕章   アンソニーヴァンダイクと騎士の肖像画

17世紀のオランダとフランドルの芸術の違いをごく簡単に定義すると、「スナッグ」と呼ばれる静物は、第2の正式な肖像画の中で、現実的な特徴と驚くほど詳細なイメージによってもたらされます。Anthony Van Dyck – ジャンルの最も輝かしい代表、儀式の肖像画のマスター、そしてバロック様式の宗教的主題。

「赤い腕章のある騎士の肖像」 – 創造性の最高の例の1つVan Dyck。構図的にそれは美しく造られます:モデルの顔は水平な絵の中心にあります、その順番でエネルギー、強さと勇気があります、それは視聴者の目を引き付けます。騎士の鎧の質感と輝きは素晴らしく伝えられます ヴァン・ダイクが非常に簡単に、素早く、そして同時に作品の完璧な研究を達成したとき、肖像画はその生涯の間に描かれました。

彼の人生の終わりに、財政にぎゅうぎゅう詰めされたマスターは、完全に芸術的な完成度でそれをすることをどうにかするためにあまりにも多くを書かなければなりませんでした。1621年から1627年まで彼はイタリアに住んでいて、彼の時間の大部分をジェノヴァ社会の最高のサークルで過ごしました。貴族の多くの代表が彼のモデルとなりました。ただし、このキャンバス上の文字を識別することはまだ不可能です。これが本物の人物の肖像ではなく、ある寓意であることさえ可能です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

赤い腕章 – アンソニーヴァンダイクと騎士の肖像画