赤い家と白樺の木 – ポーラ・モダーン・ベッカー

赤い家と白樺の木   ポーラ・モダーン・ベッカー

19世紀の終わりに、いわゆる「Worpsved Art Colony」の芸術家たちは、ブレーメン北部のWorpswede村に住み始め、仕事を始めました。1893年の春に、ポーラはWorpsvedianの芸術家の輪 – Otto Modersohn、Fritz Mackensen、Fritz Overbeckなどの絵画と知り合いになりました。

1898年に、ポーラベッカーは絵画のWorpswede学校に入った、この期間の彼女の作品は主に感傷的な田園風景です。彼女の同僚はすべての見通しの法則に従って白樺の木立を熱心に描いていたが、芸術家の注意は例えば白樺の幹そのようなものであり、彼女はそれを珍しい方法で描いた。

Worpswedeでの彼女の同志は、新しい絵画の原則を習得することだけでなく、現代の人の態度にもそれほど近づいていないと言うのは当然のことです。そして、砂漠の秋と冬の風景を見事に巧みに実行した多数の、誰もがそれとそれのような鋭い美の感覚を持ち合わせていると同時に、肖像画、風景そしてPaula Moderon-Beckerの静物さえ見られるほどの喪失と寂しさ。

“Red House and Birch”の風景を考えてください。これは彼自身のスタイルを持っている成熟したマスターの仕事です。色を征服 – 洗練された叙情的な。色の明るい斑点がなければ、絵は光と暖かさに浸透します。それは広がっているので、日没前の夕方には、はっきりとした対照的な影がなく、太陽の光は見えない。

レッドハウス – 写真の中で唯一のカラフルな場所。しかし色はこもっていて、家は平和で静かに囲まれています。所有者はおそらく休んでいる、周りに誰も見えない。一般的に、芸術家の風景は常に自然のみであり、人、カート、車、鳥、犬ではありません。小さな中庭であっても、自然な空間のみ。そして観客はその曖昧な安らぎを感じます。そしてそれは忙しい一日の後にやって来ます。

“白樺のある風景” – 落胆を引き起こさない灰色の背景の上のカラフルな牧歌、反対に、背景は中立です、それは白い幹と緑の葉の明るさを強調します。これは北ドイツの風景です、太陽がいつも夏であるというわけではない、しばしば空は雲または滴るような雨で覆われている。そしてこの天気の多様性は芸術家のキャンバスに感じられます。木が風に立つ、彼の息は天気のように、変わりやすい。

明るい空と白樺の幹の両方が穏やかな川の水に映っています。技術の進歩はどこにも見えず、ワイヤーもトラクターも車もありません。純粋な自然とロマンチックな芸術家の純粋な認識のコーナー。



赤い家と白樺の木 – ポーラ・モダーン・ベッカー