諸聖人の饗宴 – アルブレヒト・デューラー

諸聖人の饗宴   アルブレヒト・デューラー

Durerのすべての作品のように、生きている人に対する芸術家の関心は、彼の心の状態の中で、宗教的なテーマの絵に全力を尽くして現れます。生活や風景の背景がいっぱい。作品「Altar Landauer」または「Feast of All Saints」の作曲は、芸術家によって壮大かつ同時に厳密な古典的な方法で解決されました。

全空間は、父、子、聖霊の中心集団の周りの聖人によって形成された球です。そして、Paumgartner Altarの中心的な場面、そしてThe Lamentation of Christがいくらか過負荷で、ある慣習から自由ではない場合、数年後に作られたFlorentine Adoration of the Magiは秩序の印象を与えます。

少数の人物がライブグループに配置されており、全体のイメージは叙情的な感情で満たされたジャンルのシーンです。Paumgartnerの祭壇の入り口にある聖人GeorgeとEustacheの画像はまったく新しい方法で扱われます。聖なる戦士たちのイメージは、その時代の人々を表しています。ある特質の存在だけがこれらが聖人の像であるという考えを与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

諸聖人の饗宴 – アルブレヒト・デューラー