説教後のビジョン(ヤコブが天使と格闘) – Paul Gauguin

説教後のビジョン(ヤコブが天使と格闘)   Paul Gauguin

「式典後のビジョン」 – キャンバスに油彩。1988年に書かれたフランス人画家ポール・ゴーギャンによる絵画。現在エジンバラのスコットランド国立美術館で展示中。キャンバスは、ヤコブが天使と格闘する聖書の物語を表しています。闘争はバックグラウンドで起こり、見る人の目は教会の儀式から戻ってきた女性たちのイメージを主に通り抜けます。絵画はフランスのポンアベニューで作成されました。

当初、ゴーギャンは夏に、屋外で風景を描き始めました、そして後に敬虔な宗教的な女性に触発されました。その後、芸術家は宗教的な話題のためにキャンバスを塗ることは価値があると判断しました。「Vision after the Ceremony」での色、形、線の使用は、絵画に対する新しい独自のアプローチを表しています。北斎と広重の巨匠からの彼の日本の彫刻に触発されて、ゴーギャンは非自然の風景の考えを開発しました。鑑賞者に自然な色を提示する代わりに、アーティストは濃い赤、黒、白の色で絵を描きます。

ゴーギャンは、当時の芸術家らしい柔らかいグラデーショントランジションを使用する代わりに、キャンバス上のフィギュア、フォームを歪め、文字を誇張し、明るい色の線を使用して実験しています。色は平らで静的に見えます。この場合、色の濃さについて話すことができるとは考えにくいです。ゴーギャンは可能な限り一般的に受け入れられている考えや自然な色から遠ざかるために、世界をどのように見ているかを見せようと努めました。確かに、ゴーギャンの絵のいくつかの色、技術とスタイルは、日本の版画と彼のインスピレーションによるものでした。

画像の真ん中には木があり、始まりも終わりもないようです。視覚的には、木の幹が構図を半分に分け、女性を分け、天使のヤコブと戦います。このような構成における解決策はまた、キャンバスの主な目的を識別することを可能にした。中心部の木の幹の曲がりは、最も目立つ修道女の頭の形と一致しています。そして木の葉は、明らかにヤコブが戦っている方向に向けられています、それによって芸術家はこの領域を強調しました。写真の視点は意図的に歪んでいます。

さらに、日本の版画がこのゴーギャンの作品に大きな影響を与えたという事実に注目したのはエミール・バーナードでした。明らかに、いつ

ゴーギャンの「ビジョン後の儀式」と日本の版画を比較すると、ビンセント・ヴァン・ゴッホが広重の版画を彼のキャンバスにコピーし、対角線上に配置された木々と赤の暴動で明らかになりすぎるかもしれません。しかし、写真のアルバム北斎「マンガ」を参照して、バーナードは非常に独創的でした。彼は相撲の戦闘機と日本の彫刻とを比較し、ゴーギャンの絵の中でヤコブと天使の戦いをしました。同じ特徴は、修道女の顔の特徴にも見られる。プロットは私達に聖書からの物語を示しており、そこではヤコブは天使と格闘しています。

ゴーギャンは、視覚的に空間を見る人に向かって「傾ける」ブルトン法を使用しようとしました。女性は異なる白い帽子をかぶっています、そしてそれは彼らが絵の中で何が起こっているのかを見る唯一の人のようです。絵の中のいくつかの色は他よりも優勢です – これらは赤、黒と白の色合いです。このように芸術家はこの絵の不幸な性質を実演しています。このキャンバス上の赤い色は何よりも見る人の目を引き付ける、それは攻撃性、この絵で起こる戦いを象徴している。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

説教後のビジョン(ヤコブが天使と格闘) – Paul Gauguin