藤沢駅 – 歌川国吉

藤沢駅   歌川国吉

最初から演劇的な彫刻では、僧侶の像が使われていました – 俳優の家族の紋章は、彼らの着物を大きく拡大した形で拡大しました。対照的な方法で作られたモナ自体はミニチュアグラフィックの傑作。彫刻における使用は二重に彼らの美しさとグラフィック表現を強調した。

彫刻開発の第2段階では、その主題の範囲が広がり、その人の感情的な世界が現れ、その外観の特徴が明らかになり、より鮮明で深みのあるものになりました。今回はしばしば日本版画の「黄金時代」と呼ばれます。それは異なるサイズのシートを使用しそして多色印刷の技術を開発した最大の芸術家の活動によって特徴づけられます。



藤沢駅 – 歌川国吉