蒲田の梅園 – 歌川広重

蒲田の梅園   歌川広重

首都の南郊外の蒲田地区は、古くから梅の木が豊富にあることで有名です。蒲田の梅園は、1818年から1830年代にかけて作られ、「梅屋敷」と呼ばれていました。悟りの梅は2月に楽しんだ。5月には、さまざまな漬物、主に梅干し、辛い調味料の調味料として果物を集めました。しかし、梅の実から得られた主な製品は、日射病から保護するために使われていた薬「Vatyusan」でした。この庭園は山本ツザエモンのもので、私有地であるにもかかわらず、その領土への入り口は開いていました。

徐々に茶室やレストランがここに現れました。広重は池のほとりにある茶屋の一つを描いています。右側の彫刻の前景には、まるで空中にぶら下がっているかのように、駕籠の一部があります。第1計画と第2計画のこのような比較は、このシリーズでは一般的です。さらに、広重は、梅の木の下に影を描く、キアロスキュロモデリングの手法を適用しました。加えられた変更は後の作曲に異なる音を与えます。土の床の木の色を変えました。最初の計画の草の緑から花盛りの木の下の黄緑色への明らかな変化。正方形のcartoucheは白い背景を得ました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 蒲田の梅園 – 歌川広重