若い男の肖像 – サンドロ・ボッティチェリ

若い男の肖像   サンドロ・ボッティチェリ

サンドロ・ボッティチェリの絵画「若い男の肖像」。作品のサイズ37.5 x 28.2 cm、木材、テンペラ。肖像画は「Cosimo Mediciメダルを持った男の肖像画」から8〜10年後に書かれました。以前に芸術家によって作成された精力的な意欲的なイメージの代わりに、内なる世界の奥深くに浸された若い男のイメージがあります。

若者の経験は隠されており、肖像画のイメージに対するアーティストの解釈はこの霊的表現に対応しています。魂の隠された動きの強さは視覚の集中と口の柔らかい線の非対称性でこの夢のような顔に現れます。

ルネサンスでは、瞑想的な人生は活動的な人々の人生から明確に分離されました。一つ目は共通の利益を目的とした行為に捧げられており、二つ目は個人の内的世界と密接に関係しており、個人の精神的能力の発達を伴っています。15世紀半ばまでは、すべての理性と意志の力を公務員または軍務に与える人物の肖像タイプが好まれていました。

著名な思想家や詩人の記憶に残るイメージでさえも、活発で英雄的な理想によって重ね合わされていました。しかし、徐々に、ネオプラトニズムの考えの無条件の影響の下で、肖像画の解釈における「重心」は瞑想的な人生に向かってシフトします。絶対的な美しさの源に向かって、魂の中でさまざまな始まりの対決とその上方への願望のアイデアは、肖像画のイメージに新しい側面を紹介します。



若い男の肖像 – サンドロ・ボッティチェリ