花の牧草地 – Arkady Rylov

花の牧草地   Arkady Rylov

私は1916年に芸術家がこの絵を描いたことを知っています。暖かい夏の日を描いているからといって、私はこの絵が好きでした。私は夏が大好きで、夏休みを田舎で、新鮮な空気の中で過ごすことを愛するすべての子供たちと同じように。結局のところ、あなたはそこにあなたの感情と一緒に新鮮な空気を入れています。

写真の中には、遠くにある森、デイジーで覆われた畑、そして白樺の木が見えます。空は雲で散らばっていません、そして芸術家は私達に彼の影の遊びを見せています。太陽が太陽の光を遮っている雲の中を覗いている瞬間が見えます。この作品を見ると暖かくなります。

そして今、窓の外で吹雪を一掃してみてください。私は目を閉じてこの美しい牧草地で自分自身を見つけることができると確信しています。裸足で芝生の上を走り、これらの美しいヒナギクを集めることができます。私は一人ではなく友達と一緒に森に向かっているのです。道に沿ってヒナギクを収集します。

夢を見ることができる以上に美しいものは何もありません。そして今、私は夏を一番夢見ています。私は川の暖かい土手に沿って歩きたい、私は太陽の光が私の柔らかい肌を温めたいのです。私は冬が好きではない、私はいつも冬と夏の太陽が異なるため、冬は少し悲しい気がします。

子供の頃、冬には邪悪な太陽が当たって凍りついているように見え、冬には嫌いなので悪くなり、夏には晴天が出て暖かさに満足していました。夏は一年で最も美しい季節であるということに多くの人が同意するでしょう。雨が降っても。実際には誰もが自分自身のやり方で楽しい瞬間を見ますが、誰かが彼が道路を渡って彼の祖母を翻訳したかどうかについてよく考えます、そして、誰かがこの行為を笑います。私たちは同じではありません、そしてあなたは特別な誰かを造るべきではありません、あなたは私たちが誰であるかを維持する必要があります。



花の牧草地 – Arkady Rylov