自画像 – カレル・ファブリキウス

自画像   カレル・ファブリキウス

Karel Fabriciusはレンブラントの最も才能のある学生の一人でした、彼の名前は絵画のデルフト学校の基礎です。アーティストの短い人生は劇的でした。画家の最初の結婚は1643年に彼の妻と双子の子供の突然の死によって中断された。1650年に、芸術家は再婚し、デルフトに引っ越した。2年後、彼はセントのギルドの達人になりました。ルーク

Fabriciusは画家の間で影響力を楽しんだ、彼は金持ちの強盗家を飾るために招待されました、彼は有利な命令を受けました。芸術家の創造性は最も高い繁栄の時代を経験しました、しかしデルフトの粉体倉庫の爆発は彼の人生を取りました。提示された自画像は芸術家によって実行された2つのうちの1つです。これは初期の自画像であり、その中でFabriciusは革のエプロンの中で彼のシャツの開いた襟を持つ職人として自分自身を描いた。

このイメージは偶然ではありません – 彼自身の青年期に彼が大工仕事を勉強したので、アーティスト自身がニックネーム「Fabricius」を割り当てました、それは「大工」を意味します。他の有名な作品: “自画像”。1654.ナショナルギャラリー、ロンドン。「毛皮の帽子をかぶった老人」1640年代 Mauritshuys、ハーグ。「歩哨」1654.シュヴェリン美術館。ゴールドフィンチ。モーリシャス、ハーグ。



自画像 – カレル・ファブリキウス