自画像 – カミーユ・ピサロ

自画像   カミーユ・ピサロ

1873年に作成されたピサロの最も有名な自画像を見ると、人々がなぜ冗談で芸術家を聖書の名前を「モーセ」または「アブラハム」と呼んだのかが明らかになっています。その時代、画家は43歳になっていましたが、立派な年齢の旧約聖書の予言者がキャンバスから見る人を見ているようです。

資産Pissarroの多くの自画像で、そしてそれらが作成されたとき、彼は油、鉛筆、そしてガッシュを使いました、しかし、このジャンルの一連の絵の間で、「自画像」、1873年スタイル。キャンバスは、第一印象派の展覧会の1年前に書かれました。2番目の計画の風景は概略的な描写をしていますが、彼らのスタイルでは、印象的な基準をいくつか満たしていることは注目に値します。多くの点で、作者の肖像画は彼のいつもの風景の伝統で書かれています:色と光の似たような遊び、深さの象徴的な指定、自発性に他ならない。

演技のテクニックでは、セザンヌの影響は明らかに目立ちます、そして、「モデル」の古典的なポーズはシャルダンの作品を特徴づける絵画の伝統に対応します。同時代のピサロとセザンヌが指摘したように、2人のマスターの絶え間ないコミュニケーションはフランスの絵画に多くの利益をもたらしました、そして、アーティストはしばしば彼らの絵画の中でお互いに描きました。



自画像 – カミーユ・ピサロ