自分の体の金 – ポールゴーギャン

自分の体の金   ポールゴーギャン

1901年、ポールゴーギャンはドミニク島に定住し、高床式の家を建てました。そして同じ年に、彼はタヒチの自然の色と色彩豊かさ、そしてタヒチの裸体の対照的な金色を伝えようとしました。



自分の体の金 – ポールゴーギャン