聖母子 – Orest Kiprensky

聖母子   Orest Kiprensky

Kiprenskyの時点では、深刻な学術教育を受けた画家は宗教的な絵画に魅了されるべきであると考えられていました。これは多くの点で宗教芸術の分野で彼らの天才を正確に認識していた老人達の調整によって促進されたようです。

Kiprenskyは彼らの作品をコピーすることをして、古いマスターとの「同調」を決して拒みませんでした – これは上で示された「子供と一緒の神の母」によって証明されて、コレッジョを私たちに思い出させます。しかし彼自身は宗教的な計画から敬遠しました – 芸術家は生きている人々を書くことにずっと興味を持っていました。

1806年に常に若いKiprenskyを手伝ってくれた芸術アカデミーの学長A. S. ストロガノフが、アカデミーにリストされた芸術家をカザン大聖堂の絵画に引きつけたとき、彼は熱心で責任のある有益な任務に反応しました。「復活後の使徒たちの間でのイエス・キリスト」、「トーマスの保証」、「没収者への没収者」、「キリストの復活」、「メアリー・マグダレーンと一緒のヘリコプターの中のイエス」、使徒マーク ” – 彼は最後の2つだけ書いた。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

聖母子 – Orest Kiprensky