聖母マリアの被昇天 – バルトロメエステバンムリーリョ

聖母マリアの被昇天   バルトロメエステバンムリーリョ

1670年代に、ムリーリョの作品における聖母マリアのイメージは暖かさを失い、「一般化された神学」になります。

芸術家は今ではなく、神の母を示しています – 目の前に隠された悲しみを持つ若い女性、神の子は彼女の胸に震えています – しかし、いくつかの抽象的な神によって。主人がマドンナのイメージの具体化の道をたどっていたのであれば、今度は反対に、まるで地球の「球」から聖母マリアを取り除くように彼を一般化しようとします。彼は彼女を台座の上に持ち上げ、その高さから見る者には遠くに見え、本質的には彼のささいな悲しみに無関心であり、権力を享受している。一連の「無関心なマドン」からの例外は、おそらく「マドンナ – ジプシー」だけであり、これは「聖母マリアの昇天」であり、そこでムリロは彼の前のスタイルに戻る。

最後の作品では、不思議な光に浮上した瞬間に画家によって示された神の母は、やはり素朴で信頼できるほぼ幼稚な顔の表情をした若い女の子の形で私たちに現れています。信頼性 – そして聖母マリアの両手に。彼女を包む柔らかな輝きは彼女のイメージにさらに大きな暖かさと表現力を与えます。



聖母マリアの被昇天 – バルトロメエステバンムリーリョ