聖母マリアの戴冠式 – Fra Beato Angelico

聖母マリアの戴冠式   Fra Beato Angelico

このプロットは、聖母マリアの死と彼女の天国への受け入れに続く、聖母マリアの生涯の物語のサイクルにおける最終的で最高潮のシーンを形成するか、あるいは – 祈りのイメージ – 教会自体の擬人化の形で彼女のイメージを与えます。

聖母マリアの戴冠式のこの最後のタイプの像は、13世紀のゴシック芸術の胸像で生まれ、そしてフランスの大聖堂の入り口の彫刻の装飾の中で最も頻繁に見ることができます。後でそれは聖母マリアに捧げられた、または彼女の愛顧を楽しんでいる修道院の命令に属している教会の祭壇のために特別に作られた絵で発見されます。その最も一般的な形は、彼女の頭の上に王冠を置くキリストの隣に座っている聖母マリアです。

もう一つの選択肢:聖母マリアはキリストの前にひざまずいています。あるいは、彼女は父なる神または三位一体から王冠を受け取ります。後者の場合、キリスト、父なる神、そして鳩 – 彼らは皆存在しています、そして、通常、キリストは彼女の頭の上に王冠を置きます。彼はその本を片手に持つことができます。聖母マリアは天の女王としての彼女の役割に従って、通常は豊かな服装をしています。

中心的な集団は、おそらく楽器の入った、一団の天使たちに囲まれています。多くの人物が存在するかもしれません:家父長、教会の父親、殉教者、そしてキリスト教世界の他の聖徒たち。後者は、特にひざまずいて寄付者を伴うとき、聖母マリアと子供との「サクラコンバヴェルツィオーネ」のプロットと同じ機能を持っています。

反改革の分野では、このテーマは無原罪懐胎の陰謀に置き換えられがちです。物語のプロットとして、彼女はしばしば聖母マリアの空の墓の周りに立って、一緒に集まった使徒の場面を伴っています。

聖母マリアの生涯からの最後の場面は、彼女の神の子の天国への受け入れと天の女王としてのその命名です。ソロモンの生涯の次のエピソードが聖母マリアの戴冠式の先駆けとして役立ったと信じられています。「王は彼女の前に立ち、彼女に向かってお辞儀をし、王座に座りました。

彼らは王の母のために王位を設定しました、そして、彼女は彼の右手の上に座りました。 “処女の末日の最初の出来事が死床、墓、そして地球に存在するという事実によって彼女の使徒と愛する人たちを哀悼の意。

マドンナは幼児キリストを崇拝しています。これらの絵では、マリアは赤ん坊イエスの前にひざまずいて描かれています。このシーンは、キリスト降誕のシーンと組み合わせて描かれることがあります。



聖母マリアの戴冠式 – Fra Beato Angelico