聖母の昇天 – コレッジョ(Antonio Allegri)

聖母の昇天   コレッジョ(Antonio Allegri)

パルマ大聖堂のドームを飾るフレスコ画「聖母の昇天」は、コレッジョの最も重要な作品の1つです。それは遠近法の分野で彼の長期的な調査を具体化したものです。下に立っている観客はめまいがするような光景を開きます。

芸術家は、建築空間の閉じた境界線を破壊し、無限の空のような錯覚を生み出しました。フレスコ画の構成は、少なくとも何百もの半裸の人物で構成されているため、やや過負荷に見えることさえあります。数字の豊富さと曇りの「渦」の背景の両方において、フレスコ画はバロック様式の特徴によって推測されることに注意してください。

ドームドラムを支える4つの大きな「帆」の上に、パルマの後援者が置かれています。それで、あなたは彼らの間でバプテスマのヨハネを容易に認めることができます – 彼は彼の腕の中で真っ白な子羊を抱いています。四つの聖人の上には「大理石」の八面体があり、さらに高いところで雲が始まり、その上に神の母が急上昇して、不思議な光に昇っていきます。彼女の足の横には天使たちの演奏と歌の姿が見て取れます。古代の聖人は急いでマリアにお辞儀をします。その中には、先祖のアダムと先祖のイブがあります。彼女の手にHolofernesの切断された頭を保持している、簡単に認識できるOld Testament Judith。ドームの最も高く最も軽い点にある中心にあるのはイエスです。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

聖母の昇天 – コレッジョ(Antonio Allegri)