聖平橋、孔子廟、神田川の川 – 歌川広重

聖平橋、孔子廟、神田川の川   歌川広重

広重は、武蔵地域を起源とする隅田川へと流れる神田川を描いた。川が流れる急な斜面は人工的なものでした。平川があふれないようにするために建てられました。

右手に関比び橋の上の柵があります。Sejdzakaの斜面には、フェンスの後ろに、州イデオロギーの歴史の中で最も古い創始者である孔子と結び付けられたSeydoの領土がありました。言い換えると、儒教はバクーの軍事政権によって採用された公式の国家イデオロギーでした。”Sehei”という言葉は、孔子が生まれた中国の産地の名前の日本語の発音です。神田川の右岸、柵の向こうには、さまざまな儒教の教えが研究されている主要な教育機関であるSeheiko Academyがありました。

この彫刻は雨を見せる3つのシリーズの彫刻のうちの1つです。濃い灰色の空は明るい緑と対照的です。ボートで坂を上って泳いでいる人々は、黄色い藁のマント「ミノ」を着ています。後期彫刻における丘の容積と海岸の斜面の移動は、それらの輪郭の内側の暗い縞によって達成されます。遠い土手の木々の冠はほぼ黒くなります。地平線上の空の明るい部分は雨がすぐに止まることを意味します。



聖平橋、孔子廟、神田川の川 – 歌川広重