聖人と説教壇に聖マルコ – Titian Vecellio

聖人と説教壇に聖マルコ   Titian Vecellio

この絵は1510年のペストの停止について書かれたもので、その間ジョルジョーネは死に、そしてティティアンはパドヴァに引っ越した。

独創性が偏見のない状態で、芸術家は空に雲を置き、それは聖マルコの顔を覆い隠し、それによって「気象学的に」絵画のダイナミズムを強調し、複合キャノンを外部から観察するだけでした。バックグラウンドアーキテクチャも完全に非対称になることに注意する必要があります。



聖人と説教壇に聖マルコ – Titian Vecellio