聖人とピエタ。フェラーラの聖ジョージの祭壇 – Cosimo Tura

聖人とピエタ。フェラーラの聖ジョージの祭壇   Cosimo Tura

初期ルネサンス時代の画家、コジモツアーは、フェラーラのヘルツェグスであるエステの家の宮廷画家でした。「聖者のいるピエタ」という作品は、フェラーラの聖ジョージの祭壇の一部です。

ピエタは十字架上で死なれたキリストの追悼です。そのような作曲の不可欠な参加者は神の母です。彼女の膝の上に息子の息をのむような体が引き伸ばされ、並んで彼女の悲しみに共感している選ばれた聖人の姿が描かれています。

ここに美のための場所はありません:存在するすべての人々の顔は悲しみと苦しみによってゆがめられています、十字架の印はまたキリストの顔にあります。キャラクターの感情的な状態を伝えるために、アーティストは表情と身振りの言葉を使い、雄弁に彼らの経験について話します。



聖人とピエタ。フェラーラの聖ジョージの祭壇 – Cosimo Tura