聖ペテロの磔刑 – ミケランジェロ・ブオナローティ

聖ペテロの磔刑   ミケランジェロ・ブオナローティ

聖ペテロのはりつけは、ミケランジェロによる最後の絵でした。ペテロは、西暦およそ64年に、キリスト教徒の熱烈な迫害者であるネロ皇帝の治世中にローマで死刑を宣告されました。

使徒は彼に、彼がキリストと同じ死を受け入れるにはふさわしくないと信じて、彼の頭を下にして自分を十字架にかけるように頼みました。ピーターが逆さにして描いた図は、ややコミカルに見えることが多いので、この状況は多くの芸術家にとって人生を困難にしました。

ミケランジェロは、十字架が立つ前にピーターを見せることによってこの問題を見事に解決しました。聖人の巨大な姿は構図の中心を形成し、残りの姿はあたかも巨大で容赦なく回転する車輪の縁に沿って立っているかのように配置されます。



聖ペテロの磔刑 – ミケランジェロ・ブオナローティ